仕事中に事故にあったらどうする、やるべきことは何がある?



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

交通事故って自分は注意し安全運転をしていても
事故にあうことは十分考えられます。

事故は誰でも経験したくはないと思いますが
万が一と言う事もあります。

特に働く人達が仕事中に交通事故にあってしまった場合には、
一体どうすれば良いのでしょうか。

大事な商談や仕事の打ち合わせなどがあると
それが気になってしょうがないと思います。





しかし、

事故をそのままほっておくわけにはいきませんよね

その時は何ともなかったのに時間がたってから
体の具合が悪くなったり、変調をきたしたりと

あとで後遺症が出てくる場合だってあると
思います。


では、事故に巻き込まれた時には
どんなことをすればいいのか、

どう対処すればいいのかをチェックしましょう。

事故に巻き込まれてしまったらどう対処する・・やることは?


事故にあった場合にやらなくてはいけないことは
いくつかあるので列記します。


〇安全な場所に移動すること

他の交通の邪魔にならないように、二次的事故が
起こらないように措置をとる。


〇救急車を呼ぶか呼んでもらう

まず、その場にケガ人がいる場合には、
すぐに救急車を呼びましょう。


〇警察へ通報し会社へ連絡をする

警察へ連絡し、次に、会社へ交通事故に
あった旨の連絡を入れます。


それから、

警察が到着するまでに
相手のナンバーや氏名、住所、
勤務先加入している保険会社などや

それに、事故状況のお互いの認識などの確認を済ませておくと
警察との話がスムーズに進むはずです。


また、大きな事故であった場合には、
トラブルになりやすいので、

目撃者の確保をしておくと後で役立つこともあります。
携帯などで、きちんと写真に残しておくのもいいでしょう。

こういうことをちゃんとやっているのと
やらないとでは相当の違いが出てくるので

めんどくさがらずにやりましょう。


ケガをした場合の治療費等はどうしたほうがいい?


治療費は、仕事中の事故の場合は、
労災保険へ給付請求をする事が出来ますが、

あなたが被害者の場合には、
加害者が加入している自賠責保険を利用する事も出来ます。


自賠責保険の場合には、慰謝料などが付いているので、
労災保険よりも手厚く保証してくれるでしょう。


ただし、

保険金額の上限が120万円までとなっていますので、
注意が必要です。

自賠責保険よりも労災保険を使った方が有利だと
思われるケースには、

あなたが被害者でも、相応の過失があった場合や
ひき逃げ等で加害者が不明な時には、
治療が長引きそうな場合が考えられます。


どちらにしても、

仕事中の事故では、
健康保険による治療は受けられない事を
理解しておく必要があります。

できれば、保険に関するプロに
何が一番いい方法なのかを相談することも大事です




まとめ


安全運転が事故に合わないための
基本だと思いますが。

もしもの時のために最低限の保険には
加入すべきですよね。

任意保険に入ってない人って
結構いるようですから…

自分の家族や友人、知人などには
ちゃんと保険の加入を啓もうしたほうがいいですよね。

皆さんもそうしてください。





スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク