深耶馬溪の紅葉!見どころ時期や周辺の必見スポット情報も紹介!



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

大分県の耶馬渓(やばけい)は、栃木県の日光、京都の嵐山と並ぶ、
日本三大紅葉の名所の一つとして有名です。

紅葉シーズンには、多くの観光客が訪れることでも有名な耶馬渓、
今回はその中でも「深耶馬渓」と呼ばれている場所について、

ご紹介したいと思います。



深耶馬溪紅葉の見頃時期は?見に行くタイミングはいつがいい?


耶馬渓は、日本三大紅葉の名所としてだけではなく1915年に北海道の大沼、
静岡県の三保の松原とともに、「日本新三景」の一つに指定されています。

特に、大分県山国川支流の山移川沿いに位置する
渓谷、深耶馬溪には、

奇岩奇峰で知られる景勝地・一目八景があり、国名勝と日本遺産にも登録されており、
景観の素晴らしい場所として、春には桜夏には新緑秋には紅葉

と様々な眺めを楽しむことができるため、
毎年季節を問わず多くの観光客が訪れています。

特に紅葉のシーズンは人気が高く、
夜にはライトアップも行われています。


例年の見頃は10月下旬~11月下旬ですが、
トリップアドバイザーやじゃらんネットの口コミなどを見ると、
人気の高い観光スポットであるだけに、混雑は避けられないようです。

紅葉シーズンに深耶馬渓に行くことを予定されている方は、
土日は避けて平日に訪れるか
または土日ならばあまり人が多くない早朝に行くことをおすすめします。


また、旅行会社へのツアーへの申し込みを行う際には、
9月頃には手配することをお勧めします。


予約に当たって、紅葉の情報を知りたいという方は、
気象庁HPや天気アプリなどによる、紅葉前線情報を確認してください。

または下記の観光協会に問い合わせてみてください。

住所;〒871-0422  大分県中津市耶馬溪町大字深耶馬

アクセス;(1)JR中津駅からバスで90分  (2)JR豊後森駅からバスで20分

問い合わせ先:一般社団法人 中津耶馬渓観光協会
住所;〒871-0033 大分県中津市大字島田219-2

観光に関するお問い合わせ ☏;0979-23-4511 (FAX:0979-64-6611)
事務局へのお問合せ ☏;0979-64-6565 (FAX:0979-64-6611)

深耶馬渓に行ったらここは必見!見どころ紹介!


新日本三景に登録されているだけあって、
耶馬渓には様々な美しい景観を持つ場所があります。


以下に、深耶馬渓に行ったら必見の見どころを紹介します。

巨大な岩峰群を一望できる一目八景は見ごたえあり



深耶馬溪の代表的な景勝地である「一目八景」は

*群猿山
*鳶ノ巣山
*嘯猿山
*夫婦岩
*雄鹿長尾の峰
*烏帽子岩
*仙人岩
*海望嶺

といった八つの名前がついた周囲の巨大な岩峰群を
一望できることにちなんで命名されたと言われています。

新緑から紅葉シーズンに至る、ほぼ1年中鮮やかな景観を見せてくれることで、
非常に人気の高い観光スポットです。

展望台からの眺めは必見の価値ありです。

住所;〒871-0422 大分県中津市耶馬溪町大字深耶馬3152
☏;0979-54-3111(耶馬溪支所地域振興課)
駐車場;あり(24時間利用可)、無料、普通車等256台、バス11台駐車可能
トイレ:(バリアフリー含)有

青の洞門は日本初の有料道路



江戸時代、高い岩壁沿いに作られた危険な道で
多くの通行人が命を落としていくのに心を痛めた禅海和尚が、

ノミと鎚だけで岩壁を堀り続け、
石工たちと共に30年以上の歳月をかけて完成させたというトンネルです。

掘削機もない時代、人の手だけで作られたというトンネルは、
日本初の有料道路としても有名です。

住所;〒871-0202 大分県中津市本耶馬渓町曽木
☏; 0979-52-2211(中津市本耶馬渓支所地域振興課)
駐車場;あり 無料 約80台(大型10台)
交通アクセス
北九州方面から;東九州自動車道『上毛スマートIC』から約20分
大分方面から;中津日田道路『中津IC』から約20分
最寄りバス停;『青の洞門』(大交北部バス)

耶馬渓橋(オランダ橋)は大分県の重要文化財



耶馬渓三橋の一つで、
全長116 mに及ぶ日本で唯一の8連石造アーチ橋です。

大分県の有形文化財に指定されており、
日本百名橋の一つにも数えられています。

長崎県に多い水平な石積みを採用しているため、
オランダ橋という愛称で呼ばれてといるようです。

橋の袂では「むかえる、さかえる、ぶじかえる」と台座に刻まれた
カエルの親子の像が見守っています。

住所;〒871-0202 大分県中津市本耶馬渓町曽木・樋田
☏;0979-52-2211 (中津市本耶馬渓支所地域振興課)

羅漢寺橋は見栄えがいい



耶馬渓橋と同じく、
大分県有形文化財に指定されている耶馬渓三橋の一つです。

全長89mに及ぶこの橋は、
拱矢(高さ)に対して径間が大きな扁平で
緩やかなアーチが3連続している美しいプロポーションが特徴です。

住所;〒871-0202 大分県中津市本耶馬渓町曽木
☏;0979-52-2211 (中津市本耶馬渓支所地域振興課)


このほか上記以外にも、耶馬渓には様々な見どころがあります。
詳しい情報は、以下の公式サイトを参考にしてみてください。

引用 
・一般社団法人 中津耶馬渓観光協会 耶馬渓特集 https://nakatsuyaba.com/?special=special04
・日本遺産 やばけい遊覧 公式サイト https://yabakei-yuran.jp/

※注意※
新型コロナウイルス感染症拡大防止対策等、その他により
記事内容が異なる場合があります。
最新情報は、公式サイト等でご確認ください

まとめ


いかがでしたか?

日本で、新日本三景、国名勝、日本遺産の全てを網羅している名所は、
深耶馬渓しかありません。


まだ訪れたことのない人は、是非この紅葉シーズンに足を運んでみてください。
きっと、今までみたことのない絶景に出会えると思います。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク