流し台のにおいには原因がある!?つきとめてにおいを防ごう!!



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

「定期的に掃除しているのに、
流し台から悪臭が漂ってきて、もう嫌…」
なんてこと経験ありませんか?

流し台の下にある排水ポンプや
ホースにひび割れや穴もないし、

接続がゆるいところもないのに、
何故か流し台から悪臭がする!

流し台も掃除しているのに、
原因が分からない

今回は、
そんなストレスをお抱えの方に、
耳寄りな情報をお届けしたいと思います。

流し台の臭いを除去する方法!!簡単に除去できる!?


流し台の臭いの対処と聞くと、
少し大ごとのように感じて

身構えてしまいがちですが、
実はあまり難しいことはありません。

流し台の臭いが発生する原因は、
大きく分けて

排水管に溜まった食材カスや油の腐敗臭
排水管からの逆流臭

の2つです。

試しにキッチンから
水を流してみて、

流し台から繋がっている排水管から
正常に水が流れているかを確認してみましょう。

もし水が流れていれば
排水管に溜まった食材カス・油の腐敗臭

流れていなければ
排水管からの逆流臭」が原因です。

その為、配管などに不備がない場合は、
「排水管に溜まった食材カス・油」の

対処さえ行えば、
流し台の臭いを簡単に
除去することができるのです。

さて、次は具体的に対処と除去の方法を
解説しますよ。

参考にして自分でもやってみてくださいね。
さあ、次へ行ってみましょう。




流し台のにおいの原因は排水口のぬめり!?除去するには!?


まず、疑問になるのはこれですよね。

<<排水管に食材カスや油が溜まるって、どういうこと?>>
流し台の排水溝には
ゴミ受けがついていますよね。

そのため、排水管に食材カスや油が溜まる、
と言われてもピンと来ないかもしれません。

しかし、食べかすや洗剤のカス、油の成分などは、
目にも見えないくらいの非常に小さなものなので、

不織布でも受け止めきれず、
すり抜けてしまいます。

そうして流れ出た食材カスや
油成分が付着してどんどん堆積し、

いつのまにか排水溝のぬめりが
発生、悪臭の元となるのです。

<<じゃあ、排水溝のぬめりを抑えるには、どうすればいいの?>>
結論から言うと、
排水溝を掃除することです。

排水溝の蓋やゴミ受けはともかく、
パイプまで掃除するとなると、
ちょっと大変そうに思われるかもしれません。

しかし今はドラッグストアなどでも
市販のパイプクリーナーが販売されているので、
手軽に排水溝の掃除ができます。

やり方はとても簡単!

1. 流し台で排水溝の蓋、ゴミ受けを外し、洗剤をつけたスポンジなどでしっかり洗う。
2. ゴミ受け下のワントラップ内部も洗剤を付けたスポンジで洗う。
3. パイプクリーナーを排水パイプ・ホースに流す

これだけです。

ただし、パイプクリーナーの
濃度は製品によって異なります。

悪臭が強い場合は相当の汚れが
溜まっている可能性が高いので、

濃度が弱いものでは
効果が発揮されないことがあります。

ご自身の流し台の臭いが強いと思ったら、
濃度の強いものを選んだほうがよいでしょう。

ただし、
小さいお子さんがいらっしゃる、
またはペットを飼っていらっしゃるご家庭などでは、

安全・安心なものを使いたいという場合は、
重曹とお酢を使って

排水溝の洗浄を
トライしてみてはいかがでしょうか?

やり方を下記にご紹介します。

1. 排水溝のゴミ受けとワントラップを外す

2. 重曹(計量カップ2杯分)と
  お酢(計量カップ1杯分)を振りかけて60分放置

3. 水で重曹とお酢を洗い流す。
  汚れが残っている場合は、
  中性洗剤などを使って軽く汚れを洗う


重曹とお酢をかけると
泡が立ち上ってきますが、

これは無害なものですから、
誤って口に含んでしまっても体に害はありません。

また、この方法はゴミ受けや
三角コーナーにも利用できますので、
一緒にお掃除してしまいましょう。

まとめ

いかがでしたか?

流し台の悪臭が強い場合は、地震や地盤沈下などで
排水管そのものが歪んでいたり外れている

または元々の不備で排水管にひび割れや穴が開いている
接続不良といったよほどの外的要因がない限り、

ほぼ排水溝に溜まった食材カスや油カスが
腐敗したことによるものです。

排水溝の掃除を日頃から行っていれば、
もう嫌な流し台の臭いに悩まされることはありません!

清潔で綺麗な流し台があれば、
お菓子作りやお弁当など、

新しくクッキングなど
新たな楽しみも広がります。

このページが皆さんの
暮らしを快適にする一助になれば幸いです。


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク