ステンレスの掃除はどんな方法がある?主婦でも簡単にできるやり方は?



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

普段家事をしていると、様々な汚れが目につきますよね。
特に台所にあるもので汚れが落ちにくいもの、

ステンレス製品って内容で意外とあるんですよ。
例えば、やかんや洗い桶、流し台のゴミ受けや三角コーナーとか

また、家庭の流し台・シンクというのはステンレス製であること
がほとんどですよね。

だから、ステンレスの掃除の方法が良く分からないものもあると思います。
そこで今回は主婦でも簡単にできるステンレスの掃除方法について
お話していきたいと思います。

ステンレスのやかんを清潔にする最適な掃除方法とは?


まずはステンレス製のやかんを例にして掃除方法を
考えてみましょう。どの部分の汚れが気になりますか?

まずはやかんの外側から見ていきましょう。外側の汚れは、
コンロからうつった汚れだったり、隣のフライパンから飛んできた油汚れです。

真っ黒にこびりつく前に落としてしまいましょう。
基本的には重曹で落とすことが出来ます。

では、しっかりこびりついてしまった状態ではどのように
したらいいのでしょうか?

金属製のタワシのようなものでゴシゴシ洗うのは重労働です
よね。そこでオススメしたいのが、オキシクリーンという洗剤です。

これはコストコやWebで買うことが出来るのですが、浸け置き
するとあらゆる汚れがゴッソリ落ちるんです。

オキシクリーンに浸け置きすることを、通称オキシ漬けなんて
呼んだりします。

ステンレスやかんにこびりついた汚れも、なんとオキシ漬けで
きれいさっぱり取れちゃいます。

でも、オキシクリーンは肌の油分なども取ってしまいます。
使うときにはゴム手袋をしたり、

着いたら洗い流して保湿する
など、少し気を付けて使うのがいいと思います。

次に、やかんの内側を見てみましょう。内側の汚れは基本的に水垢です。
そのため、クエン酸を使って落とすのが一般的だと思います。

もちろんオキシ漬けでまとめて撃退できます。ただ、やかんの内側は
口に入るものを扱います。

オキシ漬けで落とした後は、ちゃんと内側はキレイにすすぎましょう。
余談ですが、昔漂白剤でなんでもきれいになることに感動して
日常的に掃除に使っていました。

ですが、すすぎが甘く漂白剤が残っていた状態で食事やお茶を
飲んでいて、私は体調を崩したことがあります。

意外と気付かなかったりするので、意識的に漂白剤などは丁寧に洗いましょう。

ステンレスの浴槽をきれいにする意外な掃除方法とは?


さて、
浴槽の場合を見てみましょう。
浴槽の場合も、基本的には水垢になります。

基本的にはクエン酸で洗うことできれいになるでしょう。
浴槽をオキシ漬けしますか?

そう、浴槽こそがオキシ漬けにオススメなんです。

何故かというと、オキシクリーンを溶かした水を浴槽に
張るだけではなく、

気になる汚れたものを一緒に全部入れてしまうことが出来るからです!
浴槽をきれいにするだけでなく、他の気になる汚れも
一緒にきれいにしてしまいましょう。

お風呂場で使っている洗面器、椅子、傘、お子さんの上靴、
全部まとめてオキシ漬けするのです。

なんと手間のかからない、万能な掃除方法でしょう。
気を付けることとしては、材質についてです。

ステンレスなどはモチロン問題ありません。
ですが、基本的にオキシクリーンを溶かした液は弱アルカリ性
になります。

そのため、アルカリに弱い麻・絹・革・アルミなどの金属などは
使わないようにしてください。




まとめ


いかがでしたでしょうか?

ステンレスの掃除にも使え、他にも様々なものを浸けておくだけで
キレイにしてしまうオキシクリーン。

一家に一台の時代もすぐそこだと思います。
我が家では定期的にお風呂でオキシ漬けの儀式が行われています。

是非試してみてください。
病みつきになるくらい簡単で効果的です。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク