ステンレス製の流し台の汚れはどう落とす?ピカピカにする方法は!?



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

普段家事をしていると様々な汚れが目につくと思います。
その中でも気になる一つが流し台の汚れ。

特にステンレス製の流し台の汚れは、なかなかピカピカに
ならない気になるものです。

最近は人工大理石のものも増えてきていますが、人工大理石は
研磨剤入りの洗剤などで磨くと汚れは落ちてしまいます。

意外とハイターなどでサクッと落ちることも多いです。
でも、まだまだステンレス製が主流。

今日は、ステンレス製の流し台の汚れについて、落とし方を
見ていきましょう。

ステンレス流し台の頑固な水垢の原因は?主婦でも除去できる方法は?


まず、流し台の頑固な水垢の原因は何でしょう?
それは、水道水に含まれるミネラル成分が原因です。

水が蒸発しても、ミネラル成分が残って水垢になるんです。

しかも日常的に水を使っていくと、
水垢が何層にも重なってどんどん固まっていくのです。

ステンレスの白っぽい模様が、固まってきた水垢です。

ココまで来るとスポンジでこするだけでは
キレイに落ちないものです。

では、何で落とすかと言うと一般的にはクエン酸を使うことが
多いのではないでしょうか。

水垢がアルカリ性の性質を持っているため、酸性のものを使って
落とすことが王道スタイルなんです。

ただ単にクエン酸でこするのもいいのですが、
クエン酸を溶かした水を使って、

キッチンペーパーをステンレスに張り付けてパック
みたいにするのもいいみたいですね。

手が荒れないように、ゴム手袋などをしてからやりましょう!

クエン酸を使うのが面倒な場合は、「激落ちくん」のような
メラミンスポンジもオススメです。

ただ、クエン酸でもメラミンスポンジでも落ちにくい汚れが
あります。

それは、石鹸カスです。

見た目は水垢と似ているのですが、水道水のミネラルと石鹸成分が混ざった
酸性の成分が含まれている場合があります。

この場合は、重曹で落としてしまいましょう。

つまり、掃除の流れとしては

① クエン酸を使って水垢を除去
② 重曹を使って石鹸カスを除去

の、2段階となります。

面倒な汚れになる前に、
普段からきれいにしておきたいですね。

水垢予防という意味では、毎日の流し台掃除の後に
タオルで水分をふき取るということも効果があります。

そんなに手間ではないと思うので、普段の掃除の工程に加えて
みてはいかがでしょうか。

ステンレス製水筒がキレイに洗えない!!くもりやくすみを取る方法は!?


さて、流し台の次はステンレス製の水筒の洗い方です。
水筒は奥の方まで洗いにくかったりしますよね。

普段の洗い方としては、奥まで届く柄のついたスポンジを
使って洗いましょう。

ですが、定期的にクエン酸を溶かした水を水筒の中に入れて
しばらく放置することで、キレイになります。

水筒の中にたっぷりの水、またはぬるま湯にクエン酸を1%程度
溶かして3時間程度放置しておきましょう。

汚れと一緒に臭いまで取れて一石二鳥です。
フタやパッキン部分なども、併せて洗っておきましょう。

こちらは普段の洗い方でいいのではないでしょうか。

汚れが取りにくい蓋の内側の部分などは、浸け置きでキレイに
してしまいましょう。

水筒の種類によっては、パーツの交換が可能なものもあります。

1年に1回交換するというのも、
清潔に保つのにはいいかもしれませんね。

ステンレスの水筒と同じ悩みがあるのがケトル。
これもクエン酸浸け置きで一緒にきれいにしておきましょう!



まとめ


水筒って、意外と出番が多いですよね。

小さなお子さんのいるご家庭でも使いますが、大人も意外と
使うものですよね。

私の職場には毎日水筒を2本持ってきている人もいます。

いつも使うものだからこそ、気になる汚れを取ってお気に入りの
水筒を長く使いたいものです。

流し台は交換するにはお金がかかります。
こちらも長い付き合いになるのですから、キレイにしておきたいものです。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク