高千穂峡紅葉の詳細情報!見頃時期やアクセス方法・駐車場を絶賛紹介中



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

宮崎県にある高千穂峡は、
九州のパワースポットとしては最も名が知られた名所であり、

その昔、天照大神(あまてらすおおみかみ)の孫、瓊瓊杵命(ににぎのみこと)が
降臨されたという伝説が残る日本神話発祥の地としても有名です。

その神秘さゆえか、毎年多くの観光客が訪れる高千穂峡は、
1934年に国の名勝・天然記念物に指定され、紅葉もとても美しい場所としても知られています。

今回は、
高千穂峡の紅葉の見頃や、各名所のアクセス、週末や大型連休時にも使える
駐車場の情報などについて、ご紹介していきたいと思います。



高千穂峡の紅葉、見頃はいつ?アクセス方法は?


高千穂峡の紅葉の見頃は
例年11月中旬から下旬にかけてと言われています。

比較的、晩秋の時期まで楽しめるので、紅葉狩りのシーズンを逃したという方は
11月の大型連休あたりに、こちらに出向かれてみるとよいでしょう。

令和2年の見ごろは?


今年の見ごろはいつなのか気になるところですが、

ウェザーニュースのHPによると、
今年の紅葉の見頃は11/16落葉は11/28頃という予想が立てられているようですが、

この情報は都度更新されているようですので、
最新の情報は以下のサイトから確認してみてください。

引用:紅葉情報2020・https://weathernews.jp/s/koyo/spot/28702/

高千穂峡へアクセス方法は?


高千穂峡へは、以下の方法でアクセスが可能です。

電車・バスなどを利用される場合
博多駅から:高速バス「ごかぜ号」(要予約)で3時間30分
熊本駅から:特急バス「あそ号」「たかちほ号」(要予約)で3時間
延岡駅から:路線バスで1時間30分
宮崎駅から:高速乗合バス(期間限定運行、要予約)で2時間40分
 
車を利用される場合
福岡I.C~嘉島JCT~山都中島西I.C~国道445号経由~山都町~国道218号(おすすめ)
宮崎I.C~清武JCT~延岡JCT~蔵田~国道218号
大分I.C~佐伯I.C~延岡JCT~蔵田~国道218号
長崎I.C~鳥栖JCT~松橋I.C~国道218号
 
詳細は、高千穂観光協会のWebサイトに詳しく記載されています。
東京方面や、名古屋、大阪方面からお越しの方向けの情報も掲載されていますので、参考にしてください。
引用:高千穂町観光協会HP アクセス  http://takachiho-kanko.info/access/

高千穂峡の紅葉名所は大混雑必至!駐車場の狙い目はどこ!


観光名所あるあるの一つが、
駐車場が満杯で止められず観光に十分な時間をあてられなかったというもの。

高千穂峡も紅葉シーズンにはかなりの車や人出でのため大混雑は必至で、
同様のケースが多く発生しているようです。

折角、高千穂峡へ紅葉狩りへ来たのに駐車場を探すのに時間がかかりすぎて
心行くまでじっくりと紅葉を楽しむことができなかった・・そんなことではつまらないですよね。

そこで、知っていると便利な高千穂峡周辺の駐車場情報について下記にまとめました。
参考にしてみてください。

第1御塩井(おしおい)駐車場;有料(500円/回)


高千穂峡のシンボルとして、
よく旅行雑誌にも使われている、真名井の滝近くにあります。

そんなに長距離を歩くことなく高千穂峡へ行けるので、
小さいお子さんや、高齢者の方をお連れの方に、おすすめの駐車場です。

ただし、収容台数は40台ほどしかないため、週末や大型連休は混雑します
午前中の早めの時間帯に訪れたほうがいいでしょう。

第2あららぎ駐車場;有料(300円/回)


真名井の滝から、遊歩道を15分ほど歩いたところにある駐車場で、
収容台数は御塩井駐車場より若干多い、50台ほどです。

階段や坂道がありますが、
折角だから高千穂峡周辺の自然も楽しみたい、という方にはおススメです。

また駐車場のすぐ横には、
あららぎ乃茶屋という食事処があり、高千穂峡を一望できるテラス席があります。

高千穂峡を訪れた後、ここで一息休憩をとるのもいいですよ。

第3大橋駐車場;無料


真名井の滝などの名所まで、遊歩道を2,30分ほど歩いたところにあります。
収容台数は約30台です。

観光バスなどの大型車は基本的にこちらの駐車場に案内され、
ツアー客もここで乗り降りしています。

坂や階段が多いので、
高齢者をお連れの方は避けたほうがいいかもしれません。


第4押方駐車場;無料


収容台数は約200台と、先に紹介した3つの駐車場よりもはるかに大きいため、
渋滞が発生するほどの混雑時には重宝します。

ただし、高千穂峡までの距離がやや遠く、たどり着くのに時間を要します。

足腰に自信がある、体力に自信があるという方向けですので、
選択肢の一つとして加えてもいいでしょう。

その他、臨時駐車場


土日や大型連休時には、駐車場が満車になった場合に、
田口野駐車場と青葉橋付近駐車場の2つの臨時駐車場が開けられるケースもあります。

どちらも無料かつ、収容台数が300台近くあるので、
あまりに駐車場が満杯の場合は、こちらの利用も検討しましょう。

駐車場から高千穂峡までシャトルバスも出ているので、利用すると便利です。 

※注意※
新型コロナウイルス感染症拡大防止対策等、その他により記事内容が異なる場合があります。
最新情報は、公式サイト等でご確認ください。

まとめ


いかがでしたか?

日本神話の伝承が残る
神秘的な高千穂峡の紅葉を、この秋、是非楽しんできてください。

このページが、
皆様の高千穂峡への旅行において、少しでもお役に立てば幸いです。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク