天気痛ってどんな症状?何が原因なんでしょうか?



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

天気痛って聞いたことありますか?

私も最近テレビでやっているのを見て分かったのですが、

別名:気象病ともいうようです。



この天気痛の厄介なのは特に原因がはっきりしない
というところなんですが、天気の悪い日や雨の日、
嵐のような日になどによく起こるようです。


天気痛の症状ってどんなものがあるのでしょうか


天気痛は気象の変化、気圧の変化などと内耳に関係する病気で

頭痛、首、肩、関節痛、
腰痛、めまい、倦怠感、
イライラやモヤモヤ、
吐き気、蕁麻疹、メニエール病


などが主な症状です。

最近の研究では気圧が下がる時に
すべての痛みが強くなってくることがわかったようです。

これは動物実験でも証明されたようです。

つまり、天気にものすごく左右される病気ってことですね。

では、天気痛で悩んでいる人の症状は様々ですが、
悩みのいくつかを挙げてみると

・梅雨時期には体調不良になり時々吐き気がして苦しい

・雨が降りそうな時にめまい がしてきます。
 家にいても仕事中でも何も手につかずに周り迷惑をかけていて大変

・天気が悪くなると膝が泣くほど痛くなる

緊張性偏頭痛 といわれたけど、天気が悪くなるとひどくなる

・首のヘルニアでいつも首に痛みがある のですが、雨の降る前、
 曇りの時に酷く激痛になり頭痛も酷くなるので困っている

・長年の酷い肩こりで悩んでいます。
 低気圧で雨がかなり降っていると肩こりがひどく
 痛みもありベッドで横になっています

リウマチ性筋痛症 があり、痛みどめを使っています。
 天気のいい日は効き目がありますが、
 曇り雨の日は痛み止めが効かなくてつらいです

・昔、スポーツをして骨折をしたところが雨が降り出したり、
 低気圧が近づいたりした時に痛くなったり、
 手足のしびれ がでたりする

・天気が悪くなると咳がひどくなり 息苦しくて、
 喘息の吸引器を使うことが多くなる

・高層ビルへ登ると膝が痛くなりガクガク し歩きづらくなった


など、他にもたくさんの方が天気痛の辛い症状で悩んでいます。




天気痛になりやすい人



天気痛になりやすい人の特徴というのは

・飛行機や新幹線などに乗った時に耳が痛くなったり耳鳴りが起こる人
・スカイツリーのような高い場所などの気圧の変化に弱い人
・バスなど乗り物に酔いやすい人
・生活全般が不規則で不摂生な人
・運動不足、睡眠不足な人

などに思い当たる人は天気痛になりやすいということです。
しかし、どれもどんな人にも当てはまりそうですね~(笑)




天気痛の原因は気圧の変化


天気痛は気圧に密接に関係しており、
変化が急で大きいほど強く症状が出てくるといわれています。


ほとんど気圧が低下する時に起こることが多いのですが、
たまに上昇する時に体調不良になる人もいるようです。

この気圧の変化がストレスを感じさせたり、
血管を収縮させて心拍数高めて興奮させたり、

または、血管を広げてリラックスさせようとしたりと

アンバランスな状態が体の中で起こるので
天気痛が起こる原因となる考えられています。



天気痛についての医学的なことはこちらの本に
詳しく説明されていますよ。



この本を参考にしてみてくださいね。

天気痛っていろんな病気を起こす原因と考えてもいいかもしれませんね。

というか、原因の不明なものは
天気痛に関係があるかもしれないということでしょうか・・

いずれにしても、病院で診てもらうことが先決ですね。



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク