どんな運動音痴でも自宅で簡単にできる運動不足解消法は?



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

「自分は運動音痴だから、スポーツや運動は無理・・」
なんて思っている方も多いようなんですが・・

しかし、それは思い込みなんですよ。

運動音痴は徐々に改善することができるのですよ。

運動音痴を改善し、運動不足を解消することができますので・・
それは大人になってからでも中高年でも可能なんです。

ここでは中高年がどうすれば慢性的な運動不足を解消できるのかを紹介します。


運動音痴で悩んでいる方でも簡単に自分でできる運動不足解消法はコレ!


なぜ、運動音痴になるのか悩んでいる皆さん、
その悩みの元は運動神経が悪いからなんです。

その運動神経悪いのはなぜか?
というと・・・・・答えは簡単なんです。

それは「運動不足」 なんですよね。


そう・・・運動するのが足りないから運動神経が発達しなかった
というのがほとんどのようなんですね。


中高年の皆さん、特に60代以上の方はよ~く、考えてみてください、
思い出してみてください。

小さい頃、小学校、中学校、高校、大学時代のことを。
あんまり運動しなかったんじゃないですか?

その延長で中高年になっても運動不足って事なんです。
もちろん、仕事とかその他いろいろなことが要因になっているとは思いますが。





中高年が自分でできる運動不足解消は・・
それも自宅でできる方法は・・・


有料のジムや自冶体が運営するような無料のジムへ
行って下半身を強化するのもいいのですが、

わざわざそこまでいかなくても自宅で
足腰を鍛える方法はあります。


◇◇—-***<誰でもできる運動不足解消法>***—-◇◇

中高年の下半身の強化にはウォーキング
おススメしたいのですが、

なかなか、ウォーキングの時間を作ることができないと
ということであれば


★簡単にできるのは「歩く」こと「足を動かす」こと




どんな運動でもまず歩くことが基本です。
それが走るということにつながります。

なので、

日常的に買い物をするのもなるべく歩いていくとかたくさん買い物を
する必要がある時は

何回かに分けて買いに行くというに
するのもひとつの方法ですね。

また、すぐできるのは自宅の階段とかマンションやアパートであれば、
エレベーターを使わずに階段の上り下りができます。

それから、

家でテレビを見る時間が長いのでしたら、
ステップ運動をしながら見るということをしてみては。

※ステップ運動についてはこちらが参考になります。


  「60代の運動不足解消法」
      ↓↓↓↓↓↓↓↓



長時間やるのではなく10分程度を時間をあけて
数回行うこと。

これが習慣化できたらかなり効果が出てきますよ。


このステップ運動は代謝が上がるし、
ふくらはぎ、太もも、内腿、腰、ひざなど下半身を鍛えるのに

中高年にとっては
簡単で一番効果のある方法だと思いますよ。

実際に私もやっていますが、
かなり足が強くなりましたよ。

これのおかげでウォーキングもできるようになりましたからね。


★つま先立ちする

爪先立ちは誰でも簡単にできるものですが、
これはかなりふくらはぎや太ももを鍛えることができます。

スクワットをする方法もあるのですが、
中高年にとっては、特に運動不足の方には逆にひざや足首を
いためることになりますのでやめたほうがいいです。


★モモ上げ下しを前後や横に伸ばし下しをする

モモ上げ下しは立っていても座っていても
できるのでぜひやってほしいです。

また、立ちながらモモを身体の左右に伸ばし下しをする

ほんとにこれだでも股関節の動きも良くなってくるし、
腰周りの疲れがある人にはこれは効果があります。


★屈伸運動をする


立ったままでひざを曲げ伸ばしやあぐらをかいた状態で
片足ずつ曲げ伸ばしをするだけでも効果があります。


だから、

常日頃から毎日の生活の中で
できるものからはじめればいいんですよね。

ほかにも、工夫すればいろいろできますよ。

たとえば、

ペットボトルに水を入れて
これを持ち上げたり、もったままステップ運動をしたりとか・・・

自分でもできそうなものを考えてみてくださいね。




下半身を鍛えることが肝心!何歳から始めても遅くない


少し動いただけでも、疲れたり息切れしたり
肩こり、腰が痛いなんて方は要注意ですよ。

歳をとればとるほど体を動かす機会が少なくなっていくので
意識的に体を動かすようにしましょう。

でも、運動とか身体を鍛えるというと筋トレとか体幹トレーニングを
思い浮かべるかも知れませんが

それよりも大事なのは下半身を鍛えることが肝心なんですよ。
特に中高年ともなるとほんとに必要になってきます


◇◇—-***<下半身を鍛える理由は>***—-◇◇


1.下半身を鍛え強化することは基礎代謝があがっていき
 それによって脂肪がつきにくくなってくる。

 わかりやすくいうと、基礎代謝が向上することで
 エネルギー消費が良くなり

 脂肪を消化し、つきにくい身体に
 することになるということ。


2.下半身を鍛えることが身体全体を支えるための筋肉や体幹など
 に作用し健康につながるのです。

 だから、「上半身は下半身の鍛え方で決まる」って
 いっても過言ではないです。


3.下半身が強くなるとロコモ(運動器症候群)を防ぐことに
 つながります。
  
 つまり、筋肉、骨、関節など身体を動かすため大事な運動器に
 問題や障害が起こると階段の上り下り、立つ、歩くという

 基本的な運動が低下し最悪の場合は寝たきりになってしまうと
 いうこともあります。


という理由で下半身を鍛える必要があるのです。

中高年から体力をつけるには
    ⇒⇒⇒こちらの記事が参考になりますよ。 
 



まとめ



どんな運動でも下半身が強くないとうまくできません。
土台となる部分がしっかりとしていることが大事です。

日常生活においても下半身が衰えてくると
ちょっとした段差で足を引っかけてしまったり、

つまづいて転んだりし手足の骨折やけがをする
原因にもなります。


家に例えると
土台や基礎がちゃんとできていないと

ちょっとして地震の振動でも傾いてしまい
倒壊する危険があります。

一番に身体の衰えを感じるのは足、下半身だといわれています。
実際に私も下半身の衰えを感じこれではいけない・・

ということでウォーキングを始めたという次第です。


だから、

下半身鍛えることが運動不足を解消する第一歩と
考えたほうがいいですね。


どれか一つ比較的好きな運動から始めることが運動音痴を
解消する手掛かりになると思います。

まず、今、自分ができそうな運動からはじめればいいんですよ。
それを続けていけば運動音痴から脱却していきますから・・

そのために下半身運動も同時進行でやっていきましょう。





スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク