洗濯槽に発生するぴろぴろわかめの正体は!?原因や掃除方法は!?



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

洗ったばかりの
洗濯物を干していたら、

なんか黒いぴろぴろした
ワカメみたいなものがついている・・

「なにコレ?」
って経験ありませんか?

こんな現象に心当たりのある方、
それ、そのまま放っておくと
大変なことになりますよ!!

その黒い物体は、
通称ピロピロワカメと呼ばれている
実は洗濯槽に生えたカビなんです。

折角洗った洗濯物
が実はカビにまみれているなんて、
まっぴらごめんですよね。

そこで、
今回は洗濯槽の黒カビ対策について
ご紹介したいと思います。

洗濯槽に黒カビわかめが発生!?見つけたら掃除必要のサイン!?


洗濯槽の裏側は元々湿度が高い上に、
洗濯による石鹸かすや

溶け残った洗剤、垢や泥といった汚れが
たまりやすい場所です。

掃除しにくいからといって放置していると、
この汚れが膜のように固まり徐々に
剥がれて流れ出してきます。

それが通称ぴろぴろわかめ
よばれている黒カビです。

洗濯機の汚れは、
洗濯後の衣類の匂いにも直結してきます。

洗濯後に衣類を綺麗な状態で仕上げるためにも、
洗濯槽は定期的に掃除する必要があります。

じゃあ、洗濯槽はどれくらいの頻度で掃除すればいいの?


日頃の洗濯回数や洗濯機の型にもよりますが、
基本的には一カ月に1回です。

ただし、購入してから1年以上掃除を
していない場合は、

相当の汚れがたまっていると考えられるので、
1度の掃除では綺麗にならない可能性があります。

その時はもう一度掃除をし、試運転の段階で
黒カビが出ていないことを確認してから
洗濯するようにしましょう。

それでも黒カビが完全に取り除けない場合は、
思い切ってプロに頼みましょう。

洗濯掃除に使う洗剤は、どんなものがいいの?


洗濯掃除用の洗剤は大きく分けて

・「塩素系クリーナー」
・「酸素系クリーナー」
・「重曹」

の3つです。

それぞれのメリット・デメリットについて解説していきます。

・塩素系クリーナー:簡単かつ徹底的に除菌したい方向け
メリット:強い殺菌効果があるため、簡単で最も効果的に掃除ができる。
デメリット:酸性のものと混ざると有毒なガスが発生するので、
      取り扱いには十分注意が必要。
      掃除した後にすすぎ残しがあると、 
      衣類の色落ちなどが起こる可能性あり。

・酸素系クリーナー:衣類へのダメージを極力抑えたい方向け
 メリット:衣類へのダメージや、洗剤独特の臭いも抑えられる。汚れが目視できる。
 デメリット:塩素系に比べ、殺菌効果は低い。
       剥がれ落ちたカビを途中で取り除くという手間が発生する。
       洗濯中に蓋を開けられないドラム式や二層式には使用不可。
 
・重曹:コストを抑えたい方、安全を重視したい方、
     こまめに洗濯機のお手入れをしている方
 メリット:塩素系、酸素系に比べて安全性が高い。
                消臭効果がある。
 デメリット:塩素系、酸素系に比べ、殺菌効果は弱い。
       剥がれ落ちたカビを途中で取り除くという手間が発生する。
       洗濯中に蓋を開けられないドラム式や二層式には使用不可
       水に溶けにくく、きちんと溶かさないと洗濯槽の目詰まりの
       原因になることがある。

それぞれのメリット、デメリットを
よく理解したうえで、

自分好みのタイプの洗剤を使ってみてください。



洗濯層はカビの宝庫!?カビ防止に必要な注意すべきポイント!?


洗濯槽のお手入れも大事ですが、
それ以上にカビを防止するほうが大事です。

折角洗った洗濯物が
実はカビだらけだったなんて、
想像したらゾッとしますよね。

ですので、お手入れする前にも、
極力カビの発生を抑えたいところです。

そのために日頃から
気を付けるべきポイントをご紹介します。

洗濯機の蓋は、基本開けておく
カビは湿度の高いところを好むため、
蓋を開け、水気を洗濯機の外へ出すようにします。

ただし、小さなお子さんやペット(特に猫)がいるご家庭では、
ご家族の安全を最優先にして、蓋を閉めるようにしてください。

代わりに、洗濯槽を週に1回乾燥させるだけでも
カビの発生を抑えることができます。

脱いだ服は洗濯カゴの中に入れる
洗濯槽にカビの栄養源となる汚れが付着するばかりか、
脱いだ衣類の湿気で洗濯槽内の湿度が上がるという

カビにとってはまさにうってつけの環境になってしまいます。
そのため、脱いだ服は必ず洗濯カゴに入れるようにしましょう。

お風呂の残り湯は使わない
よく節水のコツ、として洗濯の際にお風呂の残り湯を使う、
という項目を見ますが、洗濯槽のカビの発生を抑えるためには、
あまりおススメではありません。

入浴後のお湯には、カビ繁殖の原因になる
皮脂汚れが大量に含まれているためです。

残り湯ではなく、蛇口から出る綺麗な水を使いましょう。

洗剤の溶け残りを防ぐ
粉末タイプの洗剤は、多すぎると溶け残り、洗濯槽に付着して
カビ繁殖の原因になるので洗剤は適量を投入しましょう。

すすぎを2回に設定すると、溶け残りを防ぎやすくなります。
また、液体やジェルタイプの洗剤を使うのも効果的です。

濡れた洗濯物を入れっぱなしにしない
洗い終わった洗濯物を入れっぱなしにしておくと、
洗濯槽内の湿度があがり、カビの増殖が進んでしまいます。

お知らせコール機能やタイマーなどを使って、
洗濯機が止まったら、早めに干す、または洗濯籠などに移しましょう。

洗濯機周りの埃掃除をする
埃には、実はカビの胞子が大量に含まれています。
いわゆるカビの種みたいなものです。
掃除機で、手早く取り除いてしまいましょう。

まとめ

いかがでしたか?

お気に入りの洋服や、高いお金を出して買った服が、
洗濯したらカビだらけ

なんて事態を避けるためにも、
洗濯機の手入れは定期的に起こっていきましょう。


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク