海外挙式に呼ばれた!?欠席しなくてはならない時のご祝儀は!?



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

海外挙式を欠席する時のご
祝儀ってどうすればいいか悩みませんか?

国内での結婚式のご祝儀や欠席の時の対応などは
なんとなくイメージがついても、

海外の場合はどうなの
かってわかりにくいですよね。

旅行と挙式が一度にできることや、
非日常を味わえることなどで

人気の海外挙式は
今後ますます人気が出てくるかと思います。

これから呼ばれることが
増える可能性のある海外挙式、

欠席するときの対応の仕方やご祝儀の
渡し方などは知っておいたほうがいいですよ。

今回初めて
海外挙式に呼ばれたけれど

どうすればいいかわからない
という人はぜひ参考にしてみてくださいね。

海外挙式に始めて呼ばれた!?ご祝儀っていつ渡すのが正解なの!?

海外挙式に参列する場合、
ご祝儀は国内で渡してしまうのが理想です。

海外での挙式は日本とは
違い受付がないところも多いです。

その他、高額なご祝儀を
新郎新婦が旅先で持ち続けることも
なかなか不安で紛失の危険もあります。

何かとバタバタしてしまうこともあるので、
落ち着いて渡すことができるタイミングとして

国内にいるときに渡すほうが
お互いにとっても安心ですよ。


時期としては
挙式の前でも後でも問題はありません。

挙式前で新郎新婦が
慌ただしいようであれば、
帰国後に渡してもいいでしょう。



海外挙式はご祝儀がいらない?ご祝儀の相場はいくら?


海外挙式のご祝儀の金額は
旅費を誰が負担するかによって異なります。


海外挙式の場合参加するには
渡航費やホテル代がかかりますよね。

場所によって差はあるものの一人当たりの
負担は国内に比べてかなり高額になります。

こうした旅費を
新郎新婦が負担する場合、
ご祝儀は必ず必要で相場は3万円から5万円です。


渡航費を負担して
くれているからといって

国内でのご祝儀の
相場に上乗せする必要はなく、

国内の一般的な
相場をそのまま包むといいですよ。

一方、
ご祝儀が必要ない場合もあります

それが、渡航費やホテル代を
参列者が負担する場合です。

先程もお伝えしたように、
海外の渡航やホテル代は

高額になりがちで新郎新婦が
負担できないという場合もあります。

そういう場合は、
海外の挙式に参列することが

お祝いの形になるので、
ご祝儀としてのお祝いは必要ありません。

こういう場合は
招待状にご祝儀は不要という
ような文言が書かれていることも多いですよ。

手ぶらで行くのは
少し物足りないという人は

ちょっとしたプレゼントを
持っていくのもいいかもしれませんね。

海外挙式に呼ばれていない場合のご祝儀はどう用意するのがいい!?


海外挙式に参列しない場合のご祝儀は、
国内のご祝儀の一般的な額を参考に準備しましょう。


自分が既婚で新郎新婦から
ご祝儀をもらっていた場合は
同額を包むのがマナーとされています。

ご祝儀をもらっていない場合は、
相場の額の1/2程度でも問題はありません。

お金を送るのに抵抗がある
という人はプレゼントでもいいですね。

ご祝儀の場合は、
挙式前後で都合がつくときに渡しましょう。

プレゼントの場合は、
住所がわかっていれば送るという方法もあります。

私は以前結婚した
友達へプレゼントを贈りました。

離れた所に住んでいる友人の場合は
プレゼントをお祝いの気持ちとして送って

「また落ち着いたら会おうね」と
伝えるようにしています。

結婚のお祝いは家電など重量があるものを
送る場合もあるので

自宅に郵送したほうが
相手も助かる場合が多いですよ。

まとめ


海外挙式のご祝儀は、
旅費を新郎新婦が負担した場合は必ず必要です。

金額は国内の挙式と
変わりはありませんが、

式当日ではなく、
国内で渡すようにしましょう。

海外挙式に
参加しない場合は、

自分がご祝儀をもらっていた時は同額、
そうでない場合は相場の1/2程度を包みましょう。

お金ではなくプレゼントでも問題ありません。
心を込めてお祝いしてあげましょう。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク