読谷やちむん市2020に行く人必見!臨時駐車場や買い物に役立つ情報教えます



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

2020.2/19更新

※緊急連絡事項
2/22~2/23に予定されていました「読谷やちむん市」は
中止になりました。
コロナウィルス関連の諸事情により
主催者側の判断で決まりました。

しかしながら、
出店予定だった窯元は各々の工房で
ギャラリー販売はしているようです。

電話で確認をしてから
足を運ばれてくださいね。



読谷村はやちむん(焼き物、陶器)の村として
県内、県外でも知られています。

最近ではインバウントの方も来るようになっているようですね。
沖縄県内でも最大級のやちむん市にはたくさんの方が来ます。

気になるアクセスや駐車場、前もって知っておきたいことや
その周辺の情報をお届けします。

読谷やちむん市の駐車場や臨時駐車場と知っていると役立つ情報

    
毎年、開催される2日間で約20000人が来場するということですから
かなりの車と人がやってきます。

メイン会場のJAおきなわ 読谷ファーマーズマーケットゆんた市場には
無料の駐車場100台ほどスペースがありますが、
全く足りない状態になります。

開催期間中には入れ代わり立ち代わりで約20000人の方が
来るわけですからここの駐車スペースではとてもじゃないけど足りません。

なので、

主催者側としては臨時駐車場を設けてあります。

臨時駐車場として

読谷村役場内の駐車場
   こちらもすぐに満車になるので早めに来たほうがいいでしょう。

旧読谷飛行場跡の駐車場
かなり広いスペースですが、会場まで15分くらいはかかります。

・その他にもあるようですが、まだ未定。
   これは2019/11/9に読谷やちむん市実行委員会に電話で確認した時点のこと。
   詳細は年末にホームページに掲載するとのこと。 

・会場までのシャトルバスはありません
   歩いていくことになります。だから、靴は歩きやすいものがいいですよ。
 
交通アクセス

沖縄道石川インターから国道58号経由で20分
那覇空港から車で平均時速60㎞で90分ぐらい

JAおきなわ 読谷ファーマーズマーケット ゆんた市場までのルート
那覇空港から車で行く場合




読谷やちむん市で買い物するならこれだけは知っておいたほうがいい

     

読谷やちむん市へ行くなら前もってやっておいたほうがいいことがあります。
             (これは個人の経験からですが・・)

・できるだけ早く着いておく、1時間前では遅いかも!?
 とにかくたくさんの人が来ますので、できるだけ早くゲートの前にいること

・午前中で売り切れのお店もあるので早めに来ること

・目的の窯元が数か所あるのなら優先順を決めておく
 そのほうが目移りせず迷わず買い物をすることができる

・どんなものを買うか、欲しいのかを決めておく
 食器は〇○とか、花瓶は〇○とか・・・

・前もってネットで調べておいたほうがいい買い物ができる

・時間があればできるだけすべてのブースを回ってみること

・できるだけ軽快な服装をすること。ただし、寒いので防寒は忘れずに
 ヒールはやめたほうがいい、楽な靴を履いていくこと

・買ったやちむんを入れる袋を持参すること
 焼き物が割れないような工夫も忘れずに

・通常の購入よりも20%~40%の価格で買えます。

・クレジットカードは使えません。去年はどのブースも対応していませんでした

・レジが相当並びます。なので買い物も効率よく動きも素早く・・できるだけ

     

読谷やちむん市は県内最大級の大人気の陶器市

    
 
県内にはたくさん焼き物展示販売会がありますが、
その中でも読谷やちむん市は最大級の規模で人気のあります。

それは村内には「やちむんの里」と呼ばれるところがあり、
そこには約30ヶ所の窯元があります。

その他にもあり、合わせると約60ヶ所あるといわれています。
それらの窯元が参加する陶器市が読谷やちむん市なんですね。

もちろん

展示販売される作品はすべて各窯元・工房の陶芸作家が手作りで仕上げたもので
それぞれが個性豊かな作品がブースごとに展示即売されています。

人気のある工房や窯元、陶芸家の作品は会場がオープンと同時に
わずか数分でで完売するほどたくさんのファンが殺到します。

なにしろ、

イベント開催中には2日間で約2万人のファンが来るということ
ですのでかなりの賑わいになっています



【開催日時】
毎年、2月の最終の土曜、日曜に開催されます。
入場は無料です。

2020年2月22日(土)~2月23日(日)
10時~19時

【開催場所】
JAファーマーズマーケットゆんた市場 横広場
沖縄県読谷村喜名2346-11

【問い合わせ】
読谷やちむん市実行委員会(読谷村共同販売センター)
TEL:098-958-1020

読谷村ないの観光地やレストラン、そば屋を紹介

    
読谷村には観光やお食事スポットがあります。
人気のあるとことを紹介しますね。

<海の絵本カフェ tatunootosigoータツノオトシゴー>

残波岬公園にあり、眺めがよくて店内が広く
ゆっくりくつろげるソファーで海に関するたくさんの絵本を

見ながら子供と寝転がって
安心して過ごせるところです。

営業時間:11時~18時

地図

<Gala青い海>
琉球ガラス体験やシーサーづくりなどを楽しめます。
作ったものは自宅への発送もしています。

目の前が海で景色が最高、誰もが見とれます。

営業時間:10時~18時

地図

<体験王国むら咲むら>

シーサーの色付け体験、琉球ガラスのコップな
子供連れやファミリーにも人気の体験型テーマパークです。

オリジナルTシャツ作り。無地のTシャツに、好きなロゴや、絵を自分達でプリントします。
いいお土産にもなるし、いい想い出にもなりおススメです。

営業時間:9時~18時

地図

<座喜味城跡>
世界遺産の一つです。
大きい規模ではありませんが、とても気持ちが良いグスクです。
無料駐車場も完備され、入り口から城壁周辺もきれいにされてあります。

また、すぐそばにある

読谷村資料館ミュージアムもおススメです。

沖縄の歴史や読谷村の歴史や何千年前の土器、石器、埋葬品など
数々展示されています。

月、火、金なら館長さんが案内してくださいます。

入場料金は大人400円でおすすめポイントです。
観覧時間は約1時間ほど。

営業時間:9時~

地図

<沖縄料理花笠>
ダシもあっさりカツオ系で細麺で、よもぎ入りジューシーが
とってもおいしい。
安くて美味しいそばです。

営業時間:11時~15時15分
    :17時~20時

地図


<花織そば>

全てのメニューが大盛です。
読谷に来たらぜひ寄ってほしい蕎麦屋さんです。

営業時間:11時~17時半

地図

<番所亭>
ウコンを練りこんだ自家製麺で素朴でおいしい沖縄そばのお店です。
観光客から地元の人も利用している人気のそば屋です。
味も雰囲気もとってもいいですよ。

営業時間:11時から20時半

地図

このほかにもおいしいところはたくさんありますが、
ほんの一部だけを紹介しました。

読谷はホントにいいところですよ。
時間があればじっくり見て歩いて欲しいですね。




まとめ


沖縄では代表的な焼きもといえば壺屋焼といわれていましたが、
読谷に県内の工房が移っていくようになって

今では読谷のやちむんの里が有名になっています。
もちろん、壺屋焼も人気があります。

壺屋のやちむん通りもたくさんの観光客でにぎわって
有名な工房もいまだにありますよ。

いずれにしても

沖縄のやちむんは他府県では見られない独特な
焼き方や色づかいがあります。

読谷やちむん市以外にも焼き物市、陶器市は
あるので時間を作ってそちらにも行ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク